2013.01.04 Friday 22:46

謹賀新年〜よりリアルで深みのあるセルフ・ディベートを目指して

あけましておめでとうございます。


新年、いかがお過ごしでしょうか?


私は、3が日は、例年どおり親戚筋と会食でした。


その中で、親戚の一人に開業医がいて、こんな愚痴をこぼしてました。


〜自分の診療所を改築しようとしたところ、法人格をもっていたので、定款変更が必要で、その手続きで市や都に「お伺い」を立て、OKをもらうのに2か月はかかると言われたが、改築の契約は終わって、2か月も待てないという状況。仕方なく、一旦法人をやめて改築を済ませ、しかる後に再び法人化するという方法しかない、と担当窓口である保健所の担当者に言われ、そのとおり進めていると。しかし、生活保護指定医などの番号が変わるなど、たいそう面倒だということ。〜


また、一連のやりとりをした保健所の担当者の対応も気に入らない様子で、「役所はヒマだからあんな面倒なこと押し付けてくるんだ」と、かなり「お役人嫌い」になられたご様子。普段は温厚で、医師としてはかなりやわらかい、おだやかな方なのですが。当方、おなじ「お役人」として、肩身が狭い思いで話を聞きつつ、「保健所の人も、別にヒマだからとか、いやがらせしたくてやってるのではなく、国や県のきまりで、そうせざるをえないのでしょう」などと、苦しい言い訳を付け加えておきました。


確かに、利用者である患者さんが少しでも快適になるようにと、身銭を切って改築にとりかかるのに、やれ手続きが漏れてるだの、時間がかかるだのと、典型的な「お役所仕事」、嫌われる許認可行政だと思います。同時に、この話をしながら、自分も、保健所職員ではありませんが、日頃窓口で応対している市民から、同じように思われ言われているのだろうな、と、決して他人事とは思えず考えていました。


どうも公務員をやってると、親戚間でも、肩身の狭い思いをすることが多く、気を使うのですが、しかし、相対する役人と市民両方の立場を肌で感じることが、役人の仕事に生きてくると、前向きに考えます。


よく、「市民の立場に立って」とか言いますが、そんなうわべだけのきれいな言葉では、なんにもなりません。


実際に、かたや窓口で小難しい制度を住民に押し付ける役人であり、かたや、自分も住民として面倒くさい手続を押し付けられて、「このお役所仕事め」と本気で思う市民である。この対立し矛盾する2つの立場両方を自身の中に持つことが、本当の意味で「市民の立場」がわかることです。


そして、役人側の論理(法令で決まっていて、自分の裁量でどうにかなるものではないこと。そしてその法令がなぜそのような規制をかけるのか、煩雑な手続きを求めるているのか、その必要性、それがなければ例えばこんな弊害がありうる、といった必要性の理解)と、住民側の論理(くだらないきまりの手続のために、利用者への利便性が損なわれて、本末転倒ではないか云々)両方を理解し、それをすり合わせ妥協に近づくところまで、自分の頭の中でもっていけるか。


これこそが「セルフ・ディベート」だと思います。


面接試験で問われる、表面的な答えではなく、さらにツッコまれたときの、相手の主張の理解と、それに対する反論。そして、互いに互いの論を攻撃するのではなく、一旦受け止め共感した上で、「でもね・・・」と、自説を説得的に主張すること。


結局面接試験のスキルは、やはりお役人の実務に生きてくるんだと思います。


というわけで、本年もよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


 


2012.12.14 Friday 22:13

面接試験を左右する表情

市役所職員採用試験・面接試験対策
面接の合否を左右する「表情」


仕事がラクだと思われがちな市役所でも、メンタル的にまいって病休したりするケースが増えているようです。


私の同期も先日、ついにメンタルで病休をとりました。


と言って、病休とるのが悪いと言っているのではなく、しんどくなって自分の頑張りではどうにもならなくなったら病休をとる、というのはセルフコントロールできている状態だし、むしろ勇気ある行動で称賛されるべきだと思います。


しかし、これから職員を採ろうとしている採用面接の場面では、ハナシは別です。面接官はわかっていてあえてメンタル的に弱そうな受験生を採ろうとは思いません。


メンタル的にまいっている人に共通しているのは、「表情がない」ことだと思います。顔の表情はもちろん、話し方も、感情がこもっていない平坦な感じがします。


面接試験の場面というのも、一時的に緊張・ストレスが高まって、一時的な「メンタル危機」状態になります。


普段はそんなことないのに、緊張して表情がなくなったり、話し方が機械的になったり。そこを面接官に察知されて「メンタル的に弱いのかな?」と思われるといけません。


顔の表情は2種類を使い分けるといいでしょう。一つは笑顔、もう一つは真剣な表情。この使い分け。笑顔はもちろん大事で面接官に良い印象を与えますが、常にゆるんだ表情では、受け答えに真剣さが伝わらないことがあります。勝負どころでは、キッと表情を引き締めて、真剣な表情でアピールしましょう。


話し方も同様で、相手(面接官)に対しあたたかい受容的な話し方を基本に、「ここは勝負!」というところでは、真剣に考えていることを訴える、芯の強い話し方(決してヒステリックに早口で訴えるのではなく)にスイッチを切り替えたいところです。 

−−−−−−−−−−


2012.11.19 Monday 22:28

他人事を自分に引き寄せる

市役所職員採用試験・面接試験対策
他人事を自分に引き寄せる


本日(11月19日)メルマガ「最近気になったニュースとあなたの考え」(http://www.mag2.com/m/0001576409.html)を配信しました。


この中で、「一見関係なさそうな話題を、市役所の仕事にからめられれば、なおユニークな答えになります」と申しました。


本当に気になったニュースが、国政のことなり、国際情勢なり、経済情勢なりならそれでももちろん構わないのですが、それに対するあなたの考えが「政治家がしっかり解決すべき」みたいな他人事的に答えたのでは、抽象的で、面接官に何のアピールにもなりません


この場合、せっかく市役所を受けているのですから、市役所の仕事、そして自分のこととして具体的にとらえている、という答え方でアピールになります。


例えば、沖縄の米軍基地の問題について、これを新聞やテレビが言っているのと同じように答えたのでは、「ちゃんと新聞読んでます」くらいのアピールにしかなりません。


そもそも、この問題に関しては、日本人1億人、誰も正解を知らないんだと思います。ですから、無理に自分なりにこの問題に対する正解を言おうとしても、「政権が責任をもって解決策を出すべきだ」なんて、無責任な答えになるだけです。


これを、ゴミ処理施設や斎場などの、いわゆる「迷惑施設」の建設と近隣住民の反対の問題、と置き換えると、途端に市役所の問題、そしてめでたく職員になったあかつきには、自分の解決すべき問題として具体化します。


これも、問題に対する直接的な正解はないと思いますが、「自分の解決しなければならない問題」と認識している、ということを答えるのでも、抽象的で評論家的な答えよりは断然アピールになるはずです。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


2012.11.16 Friday 23:08

なんでも売る!

市役所職員採用試験・面接試験対策
なんでも売る!


今週のメルマガでは、受験者自身の長所や短所について取り上げました。


これまでの人生、経験、ムダなものは何もない。


自分の弱いところ、ネガティブな経験を、むしろ売り物にする


例えば「引きこもり」経験のある人。面接の場では、そんなこと口にしようものなら、弱さ・暗さなどネガティブな印象を与えて落とされてしまいそうで、そんな経験、おくびにも出せない!と思うでしょう。


しかし、「引きこもり」経験=<弱者>であった経験=福祉の対象となる<弱者>の気持ち、立場を経験者として肌でわかるメリットと置き換えていきます。このことも、さらっと「弱者の立場がわかります」と言うだけでは、アピールになりません。


さらに発展させて
「大変失礼な言い方かも知れませんが、市役所の職員といえば、公務員という身分で、ある意味「弱者」とは対極の立場にあるとも言えます。ですから、福祉サービスの場面でも、そういうつもりがなくても「弱者への施し」という関係性になりがちで、特に福祉を利用する市民の側からは、「上から」見られているように感じられます。ですから、<弱者>の立場の経験を最大限生かし、日々の窓口対応であっても、あるいは施策、事業を計画し実施するような場合でも、常に利用者側の視点で取り組んでいきたいと考えています」
などと、「お客さまの気持ちが肌でわかる」ことを最大限ウリましょう。


確かに、他に十分なアピールポイントがあれば、あえてリスクを負ってネガティブな面をさらす必要もないかもしれませんが、もし他にこれといってアピールできるものも思い当たらない場合は、いっそ、このネガティブに見えるところをウリに変えて、一発逆転をねらってみましょう。


−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 


2012.11.08 Thursday 22:28

究極の実力発揮法

市役所職員採用試験・面接対策
面接本番に向けて〜究極の実力発揮法


試験本番に臨むにあたって、試験直前そして試験中のベストな心持ちは「落ちてもいい」だと思っています。


これだけ「合格」のための技法を追求し、知識を蓄え、「合格」に向かって努力してきたのに、「ふざけんな!」と思われるでしょう。


確かに、学科の学習や面接の対策など、「インプット」の時期の心持ちとしては、当然「合格」への思いが強いほど、学習へのモチベーションが高まり、自分をかりたてる原動力になります。


しかし、「いざ試験!」という場面になると状況は一変します。試験本番は、これまでのインプットの成果を「いかにアウトプットできるか」という場です。メンタル的に「合格」への思いが強すぎると、「絶対に落ちてはならない」と心的なプレッシャーが強くなり、緊張しすぎるなどして、結果的にベストのアウトプットが発揮できないおそれがあります。


この「落ちてもいい」という心持ちは、別に筆記試験や面接試験を途中で「もうダメだ」とあきらめたり、持てる力の全部を出さない、ということではありません。「落ちてもいいから、これを言ってみよう」といった、むしろ「攻め」の気持ちです。


「絶対合格」=「落ちてはならない」という思考だと、「落ちてはならない」=「失点してはならない」という守りのメンタル状態になるので、特に面接試験などの人物試験の場では「守りに入る」ことになり、他の受験生にうまく「差をつける」ことができない、ソツはないがつまらない人物、という評価をされてしまう恐れがあります。


ここはむしろ「べつに落ちたって構いやしない」ぐらいの気持ちで、「攻め」の姿勢で臨むべきです。攻めることで、他の受験生にはない自分だけのウリを大胆にアピールできるはずです。


「攻める」といっても、誤解してはいけませんが、相手の言っていることもそこそこに、一方的に自分をズケズケとセールスする、「プッシュ型」で行こう!と言っているのではありません。本当に売れるセールスマンは売り込まなくても売れる、とノウハウ本でも言っています。


面接官の質問を落ち着いてよく聞いて、相手が何をききたいのか、それに対して自分は何を語れるのか、自分の頭でよく考えた上で、話すのです。「面接官から繰り出される質問にうまく答える」というより「面接官との会話を楽しむ」というメンタル状態になれればベストです。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 


2012.11.07 Wednesday 21:26

面接も見た目が9割?

市役所職員採用試験・面接対策
面接本番に向けて〜面接も見た目が9割?


このサイトやブログやメルマガでさんざん面接の答え方を探求しているくせに、結局その人の「感じの良さ」にはかなわないのではないかと思っています。


よく言われるように、面接試験は結局のところ「一緒に仕事したいか」を見ている、とすれば、いくら質問に的確に答えられても、感じが悪かったり答え方が暗かったり、逆にハキハキしすぎて圧倒したりするような人よりも、仮に答えの内容はいまひとつだったとしても、感じの良い受験生の方が評価が高い場合があると思います。


「一緒に仕事をしたい人」であるということは、市民にとっても感じの良い人であるはずです。いくら質問に的確に答えられても、例えば市民からの苦情や意見に対し、理路整然と法令に従って、それを完璧に論破することが、最良の仕事でしょうか?(もちろん、法令の知識をもって説明できることはとても大切なことですが・・・)


苦情であっても、できるだけ相手の立場にたって、「確かにそれはお困りだと思います。しかしながら現在のところ、・・・」などと、落ち着いて、ソフトに、親身に、丁寧に、誠意ある対応ができることが求められます。


面接試験でも、同様な場面で、どのような対応ができるかが見られるわけです。「苦情対応はできるかな?」ということで、圧迫的な質問になることもあるでしょう。


それに対し、完全に論破して「うまく答えられた」と自信満々に思っていても、実は不合格かもしれません。


実際に自分の話しぶりから、自分が窓口に立って市民に対応したとき、市民から感じよく思われるだろうか、ということを強く意識してください。具体的には、面接官の質問や言っていることをよく聴き、何を意図しているか頭の中できちんと理解したうえで、落ち着いて、自然な語り口で、自分の言葉で答えてください。実は面接の質問の答えの中身よりも、その答え方の方が、合否を分けているかもしれません。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 


2012.11.06 Tuesday 22:02

面接本番に向けて〜緊張を減らす方法

市役所職員採用試験・面接対策
面接本番に向けて〜緊張を減らす方法


前回の続きのような話題です。


面接試験に緊張はつきものです。私も面接試験でおなかが痛くなった経験があります。


緊張していると、面接官があたかも「いろいろな意地悪な質問をして、自分を落とそうとしている」というふうに無意識でも感じてしまいがちです。


そのように感じてしまうと、落とされるような失点をしないように、という心理的作用が働き、そしてさらに緊張が増すのです。


しかし、また面接官の側の立場で考えますと、前にも述べましたように、面接官も優秀な人材を見つけ出したいのです。


ですから、受け答えの内容が期待外れですと、面接官もがっかりしますし、逆に期待以上の受け答えをすれば、「これはいい人材かも」と面接官もうれしくなります。


前にも述べましたように、定員削減等人員に余裕がない中で、ダメな人間は極力とらないよう、細心の注意をはらいます。その意味では面接試験は「落とす試験」かもしれません。


しかし、面接試験そもそもの目的からいえば、戦力になる優秀な人材を見つけて「採りたい」のです。よその役所や会社にとられずに、「ウチに来てください」という気持ちになるのです。


ですから、常になにか欠点を見つけては「落としてやろう」と思って面接に臨んでいるのではなく、「この受験生が戦力になる優秀な人材でありますように」と願いながら、ひとりひとり面接に臨んでいるのです。


ですから、あなたが期待どおりあるいはそれ以上の受け答えをすることは、あなただけでなく、面接官にとってもハッピーなことで、そうなれば両者とも勝ちという、Win-Winの関係になるわけです。


そういう両者ハッピーな関係を受験生と面接官両者で共同して作り上げていこう、という親しみの気持ちをもって面接に臨んでください。


繰り返しますが、面接官は自分を落とそうとしている「敵」なのではなく、自分を期待し、そして「あなたのような人材を待っていました」と歓迎したい気持ちでいっぱいの「仲間」なのだと思ってください。実際にそうですから。


自分勝手に「敵」だと思い込んで、必要以上の緊張をして、思い通りの自分をアピールできずに自滅することは、面接官だって望んでいることではありません。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 


2012.11.05 Monday 21:37

面接本番は「こころに余裕」で

市役所職員採用試験・面接対策
面接本番は「こころに余裕」で


役所の中でいろいろな職員の仕事ぶりなどを考えるにつけ、デキる職員とダメな職員の差は、つきつめれば「メンタル的に余裕があるかないか」だと思います。


ダメな職員は、こころに余裕がないから、自分の守備範囲をごく限定的なものにし、それ以外のことは「私の仕事ではありません」と拒絶。対市民の場合は、よそへたらい回しするような対応となるのです。何か言われると、すぐに「防衛本能スイッチ」が入って、言い訳に走ったり、他人を攻撃したりして自分を防衛しようとするのです。自分が傷つくリスクのある仕事は避け、消極的な仕事の取組みに終始するのです。


反対に、こころに余裕があると、困難な事例にぶつかっても、失敗の危険性が高くても「この経験が今後生かせる」と、前向きに取り組めます。自分の担当業務でなくても、自分のわかる範囲、できる限りのことは施し、たらい回しと思われないよう、うまく適切な部署に引き継げます。こころに余裕がないと、すぐに自分からボールをよそにパスしたくなるのですが、余裕があると、どうすれば最適な手段でボールをパスできるか考える余裕があるのです。また、実際にリスクを取って得た経験が、今後の業務の糧になり、守備範囲が増して、よりメンタル的に余裕が増すのです。


面接試験も同じこと。


緊張するのは当たり前ですが、こころに余裕がないと、面接官からの質問を、自分に対する攻撃とみなして、防衛的な返答になります。あらかじめ考えておいた回答を早口で読み上げ、なるべく面接官からさらなる質問が出ませんように、という気持ちが表れてしまいます。確かに望みどおり、それ以上面接官からあまり質問がされなくなるかもしれませんが、それはすなわち「もう結構」ということです。


面接試験での成功は、面接官の繰り出す質問に対して、ツッコまれないように完璧に答えてボロを出さない、ということではなく、仮にツッコまれて質問責めに遭ったとしても、「確かにご指摘のとおりで・・・」などと、いったん受け止める鷹揚さの方が、合格に近いはずです。たとえツッコまれても、そうした面接官とのやりとりを「楽しむ」ことができるくらいの人が、求められる人物であるといえます。


質問をすべて完璧にはね返すような職員に対応されたら、市民はいい気持ちがするでしょうか。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 


2012.10.12 Friday 22:46

面接官に自分を高く売るには?

市役所職員採用試験・面接対策
購入(合格・採用)を決意できるよう、顧客(面接官)の「不安」を取り除いてあげる、という考え方


面接試験は、自分という「商品」を買ってもらう(採用してもらう)ための場です。


いうまでもなく、購入するかどうか迷っている「顧客」は面接官です。


商品を売り込む場合、顧客が買おうかどうしようか迷っているときに、顧客にその商品の良さをアピールすることはもちろん、重要なのは、購入に際しての顧客の「不安」を取り除いてあげることです。


つまり、「買ったはいいが、不良品じゃないだろうか」とか「すぐに壊れたりしないかしら」とか「高い買い物ではないか」とか・・・


これを人物採用に当てはめると「ちゃんと仕事ができるだろうか」とか「すぐ病休(病気休暇)になったりしないか」とか「すぐに辞めるとか言い出さないか」とか「すぐにやる気をなくしてろくに仕事しない「給料ドロボー」にならないか」とか・・・


「仕事がちゃんとできるヤツか」(不良品じゃないか)という心配は、面接試験のチェックしたい最大の関心事です。これを見過ごしたために、仕事ができない職員が現に職員として各職場でその他の職員たちを困らせているのです。何度も同じ誤りを繰り返す、「これは自分の仕事ではない」と自分以外に振る、接遇が悪く何人もの市民から注意される、自分の起こしたトラブルを自分で解決しようとせず、すぐに同僚や上司を頼る・・・


こういったのは、採用されたてのフレッシュなときにはあまりわからないのですが、年数を重ねて慣れてくると、だんだん現れてくるので、面接のときには見つかりづらく、厄介なものです。


次に「壊れたりしないか」(病休になったり、辞めたりしないか)という心配は、近年とくに悩ましい問題になっています。公務員とはいえ、職員の削減や仕事量の増加で、ストレスや過労によりメンタルや身体の健康を害すケースが増えてきました。これは職員個人の責任だけではなく、そういった職場環境が大きく影響しているのですが、とはいえ、同じような環境の職場でも、やっていける人間と、早々にリタイアしてしまう人間がいるわけです。


メンタル的に強くないせいで病休になってしまうのは、「本人の自己管理の問題だ」と言い切ってしまうのは酷であり、職場環境の改善や他の職員によるフォローなどが必要になります。この場合、しわよせを食らう職場の同僚にも不幸なことだし、病休になってしまった本人にも気の毒なことであり、「それならば初めからこの仕事は向いていなかったのでは?」となるのです。そこで、面接の場面でメンタル的に弱そうな受験者に対しては、「お互いの今後のためによくないかも」ということで、採用に至らないことになるのです。


また、病休になる前に「辞める」と言える人は、それだけしっかりしているとも言えますが、「なら最初から受験するなよ」ということにもなります。「こんなはずじゃなかった」というようなヤツを採用しないように、志望動機や志望職種を質して、きちんと自分や仕事を理解しているかをチェックしているのです。


最後に「高い買い物にならないか」ですが、職員の採用は本当に「高い買い物」です。一度採用すると、公務員はそう簡単にやめさせることはできませんから、定年までの給料、ボーナス、各種手当、退職金といった本人に支給されるものから、社会保険料、福利厚生費といった見えない人件費まで、それを退職までの40年前後費用として発生するわけですから、ざっと一人あたりウン億円の買い物になるわけです。これで仕事しない「給料ドロボー」「税金ドロボー」になられた日には・・・


というわけで、これらの「欠陥品」でないかどうかを確かめるために、面接の場で、志望動機を質し、「こんなはずじゃなかった、辞めます」とか言い出さないかチェックし、またきちんと仕事について理解しているか確かめるために、希望する仕事や、市の現状の関する質問をし、また、メンタル的な強さを確かめるために、圧迫的な質問をしたりもするのです。


ですから、自分を売り込む受験者の側としては、これらの顧客の不安を除去するように、志望動機を揺るぎないものに準備しておき、受験先の自治体について、現状と課題、そして仕事についてよく勉強しておき、そうして自信をつけておいて、多少圧迫的に質問されても動揺を見せない、オトナの対応ができるように、準備しておくことが必要です。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


2012.10.11 Thursday 22:53

民間企業から市役所への転職志望者の心得

市役所職員採用試験・面接試験対策
民間企業からの転職=「裏切り者」という汚名を返上しよう


本日、メルマガ「差がつく!市役所面接試験対策」(http://www.mag2.com/m/0001576409.html)第6回を発送しました。


今回は、民間企業からの転職志望者向けの設例をしてみました。


ここ数年、「民間企業等経験者採用枠」などといって、一般の大卒生よりも受験対象年齢が高めで、学科試験の科目数が教養中心で、人物試験に重点を置いた採用をする自治体も増えてきています。


採用する役所の側からすれば、社会人経験があり即戦力として、また民間企業経験を生かして、お役所の中に民間企業の価値観や手法を取り入れつつ、タフな仕事ぶりを発揮することを期待して、採用活動に取り組んでいます。


ですから、受験者の立場としては、最大限に社会人経験・民間企業経験そしてそこで培ったスキルや能力をアピールし、「ぜひウチの役所でその実力を発揮してもらいたい人材だ」と面接官に思わせることが必要です。まちがっても、民間企業からドロップアウトし、いわゆる「負け組」として、より仕事がラクそうな役所に鞍替えしようとしている、なんて疑いを、面接官にみじんも感じさせてはいけません。あくまで自分は民間企業でも十二分に力を発揮し、それだけの能力を持った人材であり、市役所のステージでさらにそれだけの能力を発揮しようとしに来ている、という体でなければなりません。


ところが、それだけ社会人経験や民間企業での経験、能力をアピールすればするほど、次のような質問が面接官から繰り出されます。すなわち
「どうして、それだけの能力を生かして今後も民間企業で活躍する、という道を歩まないのですか?」。


この質問は、別に本当にこのまま民間企業で続けてもらいたい、という気持ちで言っているのではなく、それだけ本当に市役所で仕事したいかという本気度を試しているのです。


面接官は、受験者が能力があることはわかったが、一方で「いずれわが社も裏切るのではないか」という不安を感じているのです。


ですからこの場面では、「民間<役所」を、より説得力ある内容で答えなければなりません。


(例)「民間企業はやはり利益優先ですが、市役所でより公益的な仕事がしたい」


答えの骨子はこれでもいいのですが、これだけですと、新卒者が面接マニュアルを覚えてきた答えとなんらかわりありません。だいたい、「そんなこと言うなら初めから民間企業に入らずに役所に入ればいいじゃない」となりますし、本当に目の前の受験者が民間企業で実力を蓄えてきたかどうか、あやしくなります。


ここは、「企業で○○の仕事に全力で取り組み大いにやりがいを感じたのですが、同時に企業での限界も感じるようになりました。」などと企業での経験を前面に出した上で、<利益優先><社会貢献もあくまで自社利益の範囲内>などと、自分自身として、市役所での仕事の魅力、優位性へ話の重心をもっていくような流れが理想的と思われます。

−−−−−−−−−−

市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)



<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.