2012.09.28 Friday 22:29

面接試験想定問題演習!メルマガ創刊しました

こんにちは。

市役所試験研究会では、このたび、「まぐまぐ!」からメールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」の発行を開始しました。

このメルマガでは、市役所職員採用面接で想定される問題を取り上げ、それに対して、他の受験生にはマネのできない、「差がつく」答え方ができるよう、考え方を探っていけるような内容で提供します。

このメルマガのねらいは、

1.想定問題を自分のアタマで考え、セルフ・ディベート(想定質問にこう答え、その答えに対し、次にこう問われ、その質問にまたこう答え・・・を繰り返し、答えを深めていくこと)を繰り返すことで、マニュアルの模範解答のような、他の受験生がみんな同じように答えるものとは「差」をつける答え方を目指す。

2.「差がつく」答え方のために、市役所内部で仕事をしないとわからない知識や情報を惜しみなく盛り込み、多角的、多面的な答え方ができるようになる。

3.以上の訓練を、筆記試験の学習時間がなるべく犠牲にならないよう、移動時間などの「スキマ時間」を活用して取り組めるよう、メール形式で提供する

ものです。

面接試験が近づけば近づくほど、面接マニュアルの「模範解答」がのどから手が出るほどほしくなりますが、それはワナです。模範解答を目にしてしまうと、それを覚えこもうという頭の使い方になり、自分なりの答えを探るという思考が停止してしまいます。それでは「負け」です。

面接官は、みんなが答えるような模範解答を聞きたいのではないのです。

面接官をうならせるような答え方で「ヨソではない、ぜひウチに来てもらいたい」と思わせることができるよう、メルマガをぜひご活用ください。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.