2012.11.13 Tuesday 21:58

お役所仕事を貫くvol.2

お役所仕事を貫くvol.2


以前にも「お役所仕事を貫く」(http://blog.siyakusyo.net/?eid=9)ことの必要性を訴えています。


今回も、ココロをオニにしてお役所仕事に徹する必要があるということを訴えます。


前回ブログ「たかが住民票、されど命にかかわる仕事」(http://blog.siyakusyo.net/?eid=33)のつづきになります。


神奈川県逗子市で起こったストーカー事件について、被害者の個人情報は、警察や探偵、そしてネット掲示板により加害者(被疑者)の知るところとなったようです。


報道によると、加害者は「以前お世話になった人と連絡とりたい」などと偽り、被害者の住所に関する情報を得ようとしていたということです。


市役所で住民票を担当する市民課なんかにも、こうした問い合わせの電話が時々あります。「以前お世話になった人と連絡とりたい」とか「しばらく会っていない友人に電話したが通じないので、住所を教えてほしい」、はては「息子の下宿先に荷物を送ったが、宅配業者から宛先不明と言われた。正しい住所を教えてほしい」などなど・・・。


どれもお断りします。


案の定、「どうしてそんな冷たいことを」とか「これだからお役所は融通が効かない」、はては「息子を思う親の気持ちがわからないのか!血も涙もない!ああ血圧が・・・」などと脅されたりします。


でもここは、決して揺るがず「お役所仕事」を貫くところです。おそらく間違いなく、こうした人たちなウソ偽りで住所を探り出そうとしているのではなく、本当に恩人や友人、息子と連絡が取りたいのでしょう。でも、「この人は怪しいから」「このケースは怪しくないから」なんて思い込みで判断できませんし、どんな場合も「断る」ところに価値がある、という仕事です。


ただし、ただ単に「きまりですから」と断るのではなく、きちんとお役所仕事に徹しなければならない理由、必要性を常に考えて仕事する必要があります。

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.siyakusyo.net/trackback/34
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.