2013.01.23 Wednesday 22:14

実際、市役所の事務の仕事ってどんなよ?(4)

実際、市役所の事務の仕事ってどんなよ?(4)

市役所の事務の仕事の実例シリーズです。今回は、新規事業立ち上げのための交渉についてです。

4 交渉

ここで必要な交渉は、
(1)事業資源(委託事業者)への事業参加への交渉
(2)財政当局から予算獲得のための交渉
(3)予算獲得のための、国・県からの補助金獲得の交渉
くらいです。

(1)については、対象となる委託予定事業者に、そもそも事業参加の意思があるかどうか。委託料や条件によって事業参加する意思があるのであれば、条件面での折り合い。どこまで譲歩できて、どこからは譲れないか。「業者に仕事を下ろす」なんて態度で臨むと、どこからも断られる恐れもあります。もし市内で協力事業者が確定しなければ、近隣自治体の事業者にもあたる必要があります。

(2)については、財政当局に対し、事業実施の必要性即ち1のニーズをどれだけ訴えられるか。そして3のリサーチ結果の情報も整理し、事業実施の費用対効果をアピールすること。

(3)については、(2)の財政的裏付けとしても重要であり、補助金の交付対象に合致しているか検討し、合致しそうであれば、1のニーズや3のリサーチの結果得られた情報をもとに、補助金対象事業の概要や経費見積もりなどを準備し、アピールすること。

重要な交渉は、上司にでてもらうこともありますが、その段取りなどはすべて、担当者である自分が整えておく必要があります。

(次回に続く)

−−−−−−−−−−
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://blog.siyakusyo.net/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.siyakusyo.net/trackback/56
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.